リッチマン・プアウーマンから学ぶ「常識」を疑い行動すれば人生変わる理由

リョウタ

常識。それは凡人が仲良く生きるためのルール。

こんにちは、 リョウタです。

平凡な人生を抜け出したかったら
「常識」を常に疑い、自らテストすることが重要。

重要というか、もうそれしか道はないです。はい。

ということで今回は、
常識を疑うことでビジネスは圧倒的に成功に近づき、そして人生も大きく180度好転する」という話をします。

ちなみに。

「常識とは凡人が仲良く生きるためのルール」

これは「リッチマン・プアウーマン」というIT ベンチャー企業をテーマにした、小栗旬さんが出演するドラマの台詞なんですけど。

「なにこれ、めっちゃええやん。」
心に響いたため、今回共有していきます。

他取締役:困りますね、常識のない人間は。

日向徹:常識?あぁ、凡人が仲良く生きるためのルールのことか

シビれましたわ。

さすがに俺も実生活でここまでストレートに発言することはできないので、鳥肌立つくらいカッコいいなと感じました。

それと同時に。

リョウタ

「この思考は共有せねば。」と感じ、こうしてブログを書いてます。

リアルの世界で、周囲の人間にこんなことを言ったら袋叩きにあうかもしれませんが、この「思考」は間違いなく持つべきです。

常識を疑い、常識の逆張りをする。

もし普通の生活を抜け出したいならこの思考を潜在意識レベルで自分に落とし込むこと。

潜在意識に落とすためには・・・
そう、行動ですね。

このブログ記事ごとTwitterでシェアしてコメントをしてもいいし、ブログ記事に直接コメントを書いても構いません。

リョウタ

いますぐできる形でアウトプット(行動)する。
それが自分の意識を手取り早く変えていく方法です。

常識をぶっ壊す話。
をここからはさらにお伝えしていくので、そちらの感想も必ずアウトプットすること。

成功したいならね。

送信ボタンをポチるだけで現金1000万円が振り込まれる

リョウタ

送信ボタンをポチったら1000万円確定した。今月の収益は1億円だった。

「これ間違いなく詐欺ですよね?」

この質問に対して「うん。」と答えたあなたは常識に支配されています。

会社員にとって非常識でも
コンテンツビジネスの世界じゃこれが常識です。日常です。

自分のコンテンツをつくって、メールや LINEのリストへ送る。
これだけの作業で毎月数百万円稼ぎだす主婦や数千万単位の利益を得ている20代だっています。

こんな話をすると。
「何か怪しいことしてるんじゃないの?」みたいに思われるかもしれません。

でも、あなたがこの話を信じて。
この先コンテンツビジネスの仕組みを知っていけば、その世界が当たり前だったってことに気付けるわけです。

そもそもお金=悪だとか、起業=頭のおかしい人。みたいな価値観がありますし、自分でビジネスをすること自体が世の中の非常識だったりします。

パソコン1台あればサラリーマンの年収を1ヶ月で稼ぎだせる。なんて事実もまだまだ認知すらされてませんし、そりゃあ怪しいと思っても仕方ないっちゃ仕方ない。

リョウタ

人生3回分くらいの損失なんですけどね。

サラリーマンの神=月収100万円

コンテンツビジネスの神=月収100億

神レベルはやっぱり別次元ですが、コンテンツビジネスやってる人で個人で年収億超えしてる人って案外ゴロゴロいるんです。

月収100万円レベルならうじゃうじゃいる世界。

俺自身はまだ億の世界を知りませんが、師匠は軽く億越えしてまして・・・。
俺が公式LINEで一部無料公開しているマーケティング手法はその人譲りなんですよね。

そのマーケティング手法を使えば月収を2倍・3倍にあげることなんて雑作もないです。

当然、心をすり減らし上司に媚び売り続けて昇給1万円。
なんて惨めな思いもしなくてすみます。

1回きりの自分の人生だし、媚び売り続けるのも挑戦するのもそりゃ自由ですが

俺はたった1回の人生を他人に依存したくないし惨めな思いもしたくないし、なにより「自分の大切な人と人生をかけて思い出づくりをする。」っていう目標があるので、コンテンツビジネスの世界を選びました。

送信ボタンを押せば利益が発生する。
いかにも詐欺的な内容ですが、その背景にはマーケティング手法の学習だったり、稼ぐための仕組み作りだったり、こうしてブログを書いたり。

地道な作業の積み重ねがあって、その土台の上にコンテンツビジネスが成り立ってるんです。

稼げる金額も自由になる時間も
お金に対する考え方も。

コンテンツビジネスの世界は一般の常識と異なりますが、それは世間一般の常識と異なる努力の上に成り立っているからなんですよね。

1日1食生活で集中力と肉体美をGET

リョウタ

1日1食しかたべません。
腹筋バキバキだしめちゃくちゃ健康です。

1日3食たべる。←この一般常識をビジネス界隈じゃなんて呼ぶか知ってます?

「愚行オブ愚行」って言うんです。

  • 眠くなる
  • 脂肪つく
  • 金かかる

ほら、デメリットの多いこと。

眠くなるから集中力が下がって作業が進まないし、カロリー摂取量が多すぎて太るし、食費だってかかるし資源だって消費します。

リョウタ

そりゃ美味しいものたべたら幸せですよ。

でも1日に3食たべるのは、平凡な人生から抜け出したいって考えている人がする行動じゃない。

せめて年収数千万、数億稼げるようになってから
食を楽しむのでも遅くないと思うんです。

実際1日1食にしてもメリットしか感じません。
それどころか最新の研究によるとやっぱりメリットだらけ。

✔︎1日1食(食から食までの間を16時間以上空ける)メリット

  • 腸へのダメージが激減
  • 細胞が生まれ変わり健康に
  • 古い細胞がタンパク質に変換
  • 脂肪がエネルギーに変化される

そもそも日本に根づいてる朝食文化ってアメリカの経済政策の一環ですからね。

昔の日本人にはそんな習慣ありませんでした。

一般常識って、もはや洗脳だよね。

みんなが信用しきってる健康ジャンルほど常識がコロコロ変わっている事実

リョウタ

水飲むな→飲まなきゃやばい

牛乳飲めよ→牛乳よりアーモンドミルク

痩せたいなら走りまくれ→スクワットすればOK


こんな感じで毎年のように健康論が覆されてますよね。

健康食品やダイエット法なんて、テレビでもインターネットでもしょっちゅう違うこと紹介してますよね。

部活中に水を飲むと弱くなる。なんてアホみたいな話をみんなが信じ切っていた時代がありました。
侍が日本でトップクラスの職業だった時代もありました。

「牛乳を飲めば身長が伸びる」なんて宣伝されて、アホみたいに牛乳をバカ飲みする子供たちがどれほどいたことか・・・。

リョウタ

好きな女子の理想身長になるために牛乳飲みまくったのに、166cmから1mmも伸びなかった男が俺です。

身長伸びないどころか今は「牛乳を飲むと骨がもろくなる」なんて話も出ているんだから恐ろしい。

俺たちは給食で弱体化させられていたのか?

豆乳だってそう。

体に良いとかずっと言われてるけど、実は遺伝子組み換えされていて体に悪いみたいな話もあるし、みんなが愛したファーストフードは体に毒なんて話もある。

これらから導きだされる答えは・・・

「一般常識」とはどこまでも曖昧でどこまでも適当でいつの時代も信用ならぬものか。

ということ。だから疑うことを覚えようって話。

だから非常識な結果を出したかったら非常識な世界で生きている、師匠とかメンターを見つけて全力でその人の思考をインプットして、学んだ情報をアウトプットして。

徹底的にその人になりきるくらいの覚悟で行こうねって話。

やっぱり常識外の人についていくのが一番手っ取り早い。←これ経験談。

非常識な結果をだすポイント
  • 非常識な世界の師匠に習え
  • 教えられたことをストレートにやれ
  • 世間一般が「常識」と信じて疑わないことは積極的に疑問を持って逆張り思考で考えろ。

これ超重要なので必ずアウトプットして落とし込みましょう。

俺自身は「詐欺師が使うマーケティング手法をパクれ」なんてレベルの非常識な発言をしますが、それがビジネスの世界では常識であり本質であったりします。

それくらい一般の常識とか思考とかと、ビジネスで結果を出している人たちの常識や思考にはズレがあるんです。

なので、俺がブログや動画で発信している内容はどんどん取り入れてください。
そしてシェアしてください。

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション

何回聞いても名言でしかない。

リョウタ

正社員は安定、なんで?
10年後には94%の仕事がなくなるってデータがあるよ。

フリーターは負け組、なんで?
自分の好きなことをやりたいだけやって、しかも雇われサラリーマンよりお金も時間も持っている人がたくさんいるよ。

常識は偏見なんです。

押しつけるのは人種差別と同じなんです。

常識を疑え:まとめ

ここまで常識なんて信じるな!
逆ばってなんぼや。

なんて話をしてきましたが、当然破っちゃいけない常識もあります。

お店の中で大声をあげたり、セクハラしたりね。

ただ、今回例を挙げたように世の中には常識を疑って行動した結果、半端じゃない結果を出したという人がうじゃうじゃいます。

だから今なかなか結果が出なくて立ち止まっている人は、なにか1つでもいいから常識を疑い行動してみましょう。

リョウタ

コンテンツビジネスを始めるなら俺のLINEに登録すればいいし、肉体美を求めたいなら1日1食生活を始めればいい。

どちらも立派な「常識はずれ」です。

ということで。

今日の話が1ミリでも参考になったら、いますぐTwitterで感想をツイートしたり、この記事のコメント欄に投稿をしてアウトプットすること。そうして少しずつ自分自身の常識をぶっ壊していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です