【水道水が10万円でも人は買う】物の価値は、環境で変わる話

リョウタ

さすがに日常じゃ買わんけどね。

てことで、リョウタです。

突然ですが、質問。

水の写真

ここに500ミリリットル
10万円の水が売っています。

あなたは買いますか?

きっと多くの人が「買わない」と答えますよね。

俺も100%買いません。

でも、これならどうでしょう。

水の価値が変わる砂漠という環境

砂漠のど真ん中、
いますぐ水を飲まなければ死んでしまう。

そんなとき。水道水を10万円で売る男が
あなたの目の前に現れました。

いま水を入手すれば生還できる可能性があります。

▶︎水道水に10万円払わずに死ぬ

▶︎水道水に10万円払って生還する

こんな状況なら、10万円でも買いますよね。

俺なら借金してでも買います。
死にたくないですもん。

リョウタ

少し極端な話でしたが、このように物の価値っていうのは自分が置かれている環境や状況でガラッと変わるわけです。

今回は、そんな『物の価値』について場面を変えて考えてみたり、ビジネスに応用していく話をしていこうと思います。

物の価値が変わる場面例

物の価値が変わる場面例

冒頭では”砂漠のど真ん中”なんて現実味のないシチュエーションで話を広げましたが、日常生活の中にも物の価値が変わる瞬間はたくさん存在しています。

リョウタ

人を好きになった瞬間に全てが魅力的に見えるのも、価値が変わった瞬間です。

今回はそんな例を2つ紹介。

「物の価値なんて簡単に変わる」ってことを
意識に擦りこむことで、アイデアの幅を広げて頂けたらなと思います。

例①:満腹のときの高級松坂牛より、腹ペコのときの吉野家のほうが感動はでかい

「腹いっぱいで肉を見ることすらキツい…」
なんてときに食べる高級肉よりも

「腹減った。死ぬ…」ってときに食べる
1杯300円の牛丼のほうが美味いし価値ありますよね。

これも価値が変わった瞬間…

少し考え方を変えましょう。

空腹で餓死しそうなとき、
こんな選択肢が表示されたらどうしますか?

▶︎普段は一切れ1万円の高級牛が1000円

▶︎普段は1杯300円の牛丼が1000円

高級牛を選べば普段より9000円
お得に食せるけど腹は満たされない。

対して、牛丼を選べば普段より
700円損するけど腹は満たされる。

空腹で死にそうな状況なら、
価格的には損する牛丼を選びますよね。

空腹という状況が物の価値を変化させた瞬間です。

例②:キャストオフ発覚で値段が爆上がりした伝説のフィギュア

例②:キャストオフ発覚で値段が爆上がりした伝説のフィギュア

このフィギュアは定価20,700円。

しかし現在の価格は70,000円オーバー(MAX86,000円)

なぜここまで価格が爆上がりしたのか?

リョウタ

実はこのフィギュア、衣服の着脱(キャストオフ)ができる仕様だったんですね。

つまり、アニメでは見ることのできない全裸が見れる。←これが価値を変えた。

全裸を拝みたいマニア達が殺到し
あっという間に値段が高騰→プレミア化したわけです。

人間っておもしろい。

価値の変化をビジネスで利用した話と応用

価値の変化をビジネスで利用した話と応用

ここからは実体験をお話しします。

リョウタ

俺が物の価値の変化を利用して稼いだ話と
誰でもできる応用方についての話です。

「個人で稼ぎたい」と考えている
ビジネス未経験者には有料級で役に立つ情報なのでぜひ吸収してください。

▶︎ ゆうりょうきゅうじょうほうをみる

▶︎ ゆうりょうきゅうじょうほうをみる

このドラクエっぽい選択肢、
クセになります。

高校生で月収30万円を稼いだ思考法

この話はプロフィールでもしてますが、
高校時代(17歳頃)のときに月収で30万円を稼いでいた経験があります。

そこらへんのサラリーマンより高い収入です。

利用したのは『価値観の違い』を狙って
利益を上げる思考法。

図で表すとこんな感じ。
※ポケモンでは稼いでいません

物の価値が変化する思考法

この3体は『御三家』とよばれる、1番最初に入手できるポケモンのため基本的な価値は一緒です。

しかし。

フシギダネをGETするためなら「ゼニガメとヒトカゲの2体」を出しても構わない。

という人がいれば。

ゼニガメをGETするためなら「フシギダネとヒトカゲの2体」を出しても構わない。

なんて人も世の中にはいるんです、面白いです。

  • アニメでフシギダネが活躍した
  • カードゲームのゼニガメが強い
  • 映画のヒトカゲがかっこよかった

なんてちょっとした理由で
簡単に価値が変わります。

例えばポケモン映画を観たとき。

多数派が「この映画はフシギダネが大活躍した!」と言っても、もともとゼニガメが好きで、ゼニガメが少しでも活躍すれば「ゼニガメが大活躍した!」となるわけです。

こうやって価値観によって
物の価値は簡単に変化します。

当時はポケモンで稼いだわけではありませんが、こんな考え方でゲームのキャラクターやアイテムを無限増殖させて月収30万円を稼ぎました。

応用:クリスマス商戦のおもちゃ需要を狙う

お小遣い稼ぎの入門として
おすすめなのがクリスマス商戦。

クリスマスはおもちゃの需要がガツンと高まるので、せどり(転売)をするなら1年で1番稼ぎやすい時期となります。

リョウタ

仮面ライダーなんて、毎年クリスマスに向けて新キャラやら新装備をブチ込んでくるので見てると面白いですよ。

1番稼ぎやすい=実績を作りやすいので、未経験者でもクリスマスを頑張れば『1ヶ月目で月商100万せどらー』を名乗ることも可能。

SNSの名声を高めたい人にはもってこいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です