転売はいますぐ稼げますが、あなたの夢は叶いません。

リョウタ

転売を続けていても、一生自由にはなれません。

どうも、リョウタです。

転売で稼げるのは事実ですが

どこまでいっても労働から抜け出せない
薄利多売に時間を吸われ続ける

これもまた事実。

ということで、今日はちょっと辛口なお話です。

あなたが最も求めることはなんですか?

転売は稼げます。
プログラミングのようなスキルは必要ないし
知識起業のようにコンテンツを作る手間もかかりません。

だから今この瞬間に
実践して稼ぎ始めることだってできます。

でも少し考えてみてください。

「あなたが最も求めるもの」
「あなたの理想の生活」はなんですか?

リョウタ

「転売屋として批判される生活」
「お金があっても自由がない生活」
「肉体労働から抜け出せず、日々腰痛に苦しむ生活」

そんな生活が、あなたの望む生活なんですかね?

ビジネスを始めるとき。
難しいことよりも「誰でもできる簡単なこと」から始めることも確かに大切です。

簡単な副業の代表例がこちら。

  • 転売
  • ブログ
  • SNSアフィリエイト

他にもせどりとか、輸入転売とか。

それも「簡単」でビジネス初心者に人気ですよね。

リョウタ

でも「誰でもできるし簡単」てことは
「ライバルが多いし稼ぎにくい」ってことなんです。

転売の現実

俺自身のビジネスの始まりも転売でした。
8歳のときに始めた遊戯王転売です。

その後も「ゲーム転売」や「家電転売」「コストコ転売」など、さまざまな転売に取り組んできました。

リョウタ

確かに月50万円くらいなら利益を出せましたよ。

1日中お店の中をスマホ片手に散策して、店員やお客さんに怪しい目で見られたり。クッソ重たい家電を何個も運んで腰痛になったりしながらですけどね。

ぶっちゃけしんどいですよ。

暇つぶしの小遣い稼ぎならいいですが
これを収入の柱にしていこうと考えるのは・・・キツイです。

なぜ稼ぎまくってる転売屋は転売ノウハウを他人に教えるのか?

これって考えたことありますか?

転売って基本的に
「全国の転売屋達による限られた商品の争奪戦」なんですよね。

だから、稼げる商品を教えたら自分はその商品で稼げなくなるんです。

これっておかしいですよね?
教えているのに彼らはそこらへんの転売屋とは比較にならない収入を得ています。

それはなぜか?

リョウタ

答え。自分は薄利多売の肉体労働をせずに、そのノウハウを有料で提供することで儲けているからです。

1個1万円の商品で利益が2000円のものを100個売って20万円稼ぐより、その商品を20万円で人に教えたほうが楽。

しかも、10人に教えれば200万円になるんだからそりゃ儲かります。

家電量販店にあるワゴンをあさり続ける。
視線に怯えながら何時間も商品を検索し続ける。

そんな大変な作業は人にやらせて、
自分は自宅でまったりティータイム。
それが転売ビジネストップ層の裏側です。

どうせなら自分も、
そっちの世界で生きたくないですか?

時間もお金もある
「知識を提供する側」の世界。

知識起業の世界です。

転売地獄から抜けだす「知識起業」については公式LINEで動画解説中

リョウタ

肉体労働を続けたくない。
時間もお金も余裕がある「知識を提供する側」に回りたい。

そんな人だけLINEに参加してください。

転売ほどすぐに成果出るビジネスは
なかなかないです。

しかし、簡単すぎるため競合が多く90%以上の人は薄利多売の消耗戦でお金と精神を消費していく。

そんな世界です。

対して知識起業は、
転売のようにすぐ成果は出ません。

しかし、競合が圧倒的に少なく一度仕組みが完成すれば、あとは自分が寝ている間も本業以上の収入を自動で生み出し続けてくれる。

そんな世界です。

あなたはどちらを選びますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です