【100万円を0にしたSNS】個人の可能性。

リョウタ

100万円を0にしたSNS。

どうも、リョウタです。

当たりまえのように
俺たちが普段利用しているSNS。

スマホとネット環境さえあれば
誰でも「無料」で自分の言葉を、
技術を世界中に届けることができます。

そう。

SNSは100万円を0にしたんです。

SNSが0にしたモノ

リョウタ

それは「発信の壁」

SNSがない時代。

個人が自分の技術や言葉を世間に届けようとしたら

どうしても必要になったものが・・・

「メディアへの広告費用」

数千円や数万円の話じゃありません。
100万円単位のお金が必要でした。

だから個人で結果を出そうとしたら

  • コネ
  • 人脈
  • 資金力
  • 知名度
  • カリスマ性

なんてものが
当たりまえに必要だったワケです。

リョウタ

だから多くの個人は起業に失敗しました。
だから「起業家なんて借金背負うだけだから辞めておけ。」なんて風潮が日本に広まったんですねー。

でも今は違います。

SNSが、個人起業の常識をブチ壊したんです。

SNSが個人に与えた可能性

リョウタ

コネ、いらない。
人脈、いらない。
知名度、いらない。
資金力、いらない。

リスク、とらんでいい。

SNSのおかげで、誰もが無料で自分の想いを
全世界に届けられるようになった。

SNSがあれば、コネも人脈も知名度もいらない。

あったほうが有利なのは変わらないけど
そんなもの、SNSでいくらでも後付けできるようになりました。

SNSで情報発信をしていれば…

  • 多くの起業家と繋がれる
  • 様々な分野の人材と繋がれる
  • あなたの発信を求める「ファン」ができる
リョウタ

最初は0でも、
後からいくらだってついてくるんです。

情報発信は、個人の起業リスクをぶち壊した

数十年前の世界では、なにも持たない個人が起業するなんて「ギャンブル」みたいなものだったんです。

それが「常識」でした。

でも今は違います。
それはなぜか。

リョウタ

SNSで情報発信をしてファンを獲得すれば

商品を紹介して紹介料を稼ぐだけでなく
自分のビジネスの見込み客を予め集めることだってできるからです。

例えば、群馬で飲食店をやるなら

InstagramやTwitterで群馬県民のアカウントに向けてひたすら交流

群馬県民のフォロワーを大量に増やす

アンケート機能やライブ配信を使って
「飲食店オープン」についてフォロワーから意見を集める

好評ならオープンに向けて準備開始
(反応がイマイチなら発信方法を見直し再挑戦)

オープンまでの準備風景を見込み客に向けて発信
(店舗が作られていく様子の写真をアップしたり、気持ちをライブ配信で伝える)

いざ、オープン。

時間はかかりますが、この方法なら
予めお客様を獲得した状態で開業できる。

つまり、失敗するリスクが極限に下がります。

リョウタ

しかも、あなたの頑張りを知っているフォロワーさん達は積極的にお店の情報を拡散してくれるので、莫大な集客コストをかけずに、広告よりも質の高いお客様を集められます。

ゼロから起業を目指す個人にとって、
SNSほど心強い味方はいない。

SNSを使えば、おばぁちゃんだって「リスクなし」で起業できる

身体的な理由で一般的な社会生活を送ることが困難な方でも、SNSを利用すれば自宅にいながらサラリーマンの給料以上を稼ぐことができる時代です。

孫と遊ぶことが楽しみな、普通のおばぁちゃんだってSNSに投稿した写真や動画でが評価され「アーティスト」になれてしまう。そんな時代です。

家が金持ちとか容姿端麗とか
そんなのどうでもいいんです。

貧乏だって、低学歴だって、借金背負ってたって、社会不適合者だって関係ない。

SNSは、誰にでも人生を変えるキッカケを与えてくれます。

リョウタ

むしろ、一般社会に馴染めない人間ほどチャンス。

人と違う=「注目される」ってことだから。

とはいえ、闇雲に情報発信をしても伸びません。

たまたまバズって一躍人気者に・・・なんてのは宝くじに当選するような確率です。

だから。より成功確率を高めるために
情報発信の「仕組み」を設計する必要があります。

  • 発信内容
  • 発信方法
  • マネタイズポイント など。

自分の指針を定めたうえで、
収益が発生するまでの「導線作り」をする。

これが重要。

その方法についてはプロダクトや公式LINEでお話していこうと思います。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です