初めて〇〇したときの感動覚えてますか?

リョウタ

「いやらしいこと」考えましたか?
そんなあなたは同志確定。

どうも、リョウタです。

てことで今回はそんな「いやらしい話」
で、は、な、く。

真面目なビジネスの話をしていきましょう。
本質的な話です。

稼ぎたい人は必ず最後まで読んだ上で
この記事にコメントしたりTwitterでシェアしたり、必ず「アウトプット」すること。

それではやっていきましょう。

初めて〇〇したときの感情が、人を動かす

人間の心がもっとも動く瞬間はいつでしょう?
そう、初体験のときです。

リョウタ

初めて、ポケモンで遊んだとき
初めて、ドラクエで冒険に出たとき
初めて、恋が終わったとき
初めて、彼女と〇〇を〇〇したとき

そのときの感情を鮮明に覚えていますか?

めちゃくちゃ感情が動いたのは覚えてるけど
ハッキリとは思い出せない。

なんて人がほとんどだと思います。
人間は忘れる生き物だからしょうがない。

だけどね。ビジネスで結果を出そうとしている
あなたにとっては、100万円以上の機会損失になっているかもしれません。

本質:人は感情で物を買う

人間は感情の生き物なんです。
スペックがどれだけ良くて、どれだけそれを伝えようとも、感情が動かなければ人は物を買いません。

目を閉じて想像してみてください
あなたは今、MacBookの販売コーナーにいます。

この日あなたは、2人の店員から接客を受けました。

【店員A】

このMacBookはですね、最新モデルでCPU性能が約3倍になっててバッテリーの駆動時間が20時間も長いんですよ!しかも160億個のトランジスタを搭載しているんです。
CPU、GPU、Neural Engine、I/Oをはじめとした様々なものを、とても小さな1つのチップに組み込んでいます。

【店員B】

最新のMacBookほんとにカッコいいですよね!実は僕もこのモデル買ったんですけど。
休憩室で操作しているだけでバイトの女の子達にすごい声かけられちゃって!
プチモテ期が来た気分なんです。スタバで操作してたらそれだけで「できる人」って感じしますよね!

店員Aの話は「なんだか凄そう・・・」ってことは伝わるけど、売りつけられてるようで少し気が引けますよね。

店員Bの話はスペックについては一切語られていませんが「自分が利用しているシーン」が鮮明にイメージできるため、感情が動きます。

リョウタ

女の子にチヤホヤされる自分を想像したら・・・

「いいね!買うわ!」ってなりますよね。

このように、物を売るためには

人の感情を動かすことが超重要なんです。

そして、人の感情を動かすためには

その人に「共感してもらえるエピソード」だったり「感情を揺さぶるキーワード」が必要になってきます。

勘の鋭いあなたはもう分かりましたね・・・?

初体験の感情を「言葉」として残し利用することで「セールススキル」が跳ね上がる

「鉄は熱いうちに打て」なんて言葉がありますが
ビジネスで勝負する俺たちの場合はこうです。

リョウタ

「感情が熱いうちに言葉をつづれ」

初恋の感情も、失恋の感情も。

人を失った悲しみも、受験に合格した喜びも。

やがて薄れて消えていきます。

それが人間なんです。

だからもし。

自分の感情が大きく動く瞬間があったなら
その瞬間を「言葉」にして残すこと。

時間が経ってからそのときの感情を文字にしても、不思議なことに「どこか機械的な文章」になって、気持ちが十分に乗りません。

そんな文章じゃ人の心は動かない。

リョウタ

逆に、溢れ出たばかりの感情をつづって書いた言葉は人の気持ちを強く、強く引きつけます。

これが本質。

てことで、腑に落ちた人はこの記事にコメントしたりTwitterでシェアしたり、必ず「アウトプット」すること。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です