8歳のとき、趣味の「遊戯王」が自分の仕事になった

リョウタ

8歳で開業した変態こと、茂木亮太です。

初めてのビジネスが「遊戯王転売」でした。

両親の同僚に頭を下げてレアカードを収集し
道端で小学生に向けて販売するビジネス。

保護者達からは相当恨まれました。
あんま覚えてないけど。

と、保護者の話はおいておいて。

そんな昔を思い出しながら、
ふと頭に浮かんだことがあったので

今回共有していこうと思います。

楽になりすぎた現代の弊害

今ってほんと便利ですよね。
だって昔は携帯なんてなかったし、Wi-Fiもノートパソコンもありませんでした。

リョウタ

女の子をデートに誘おうとしたら
「自宅の電話」にかけなきゃいけなかったんですよ。

で、電話をかけるとお父さんが降臨するわけです。

こわいこわい…。

待ち合わせだって一苦労。
昔は連絡手段がありませんでしたから、待ち合わせ場所を間違えていたり、急な用事で待ち合わせ場所にいけなくなったらもう大変。

だから、そういうアクシデントが起きたときは
頭フル回転で必死に策を考えます

リョウタ

「黒髪ロングの女の子が人を探していたら、リョウタは渋谷駅前のカフェに向かったと伝えてください!」

なんて見知らぬ人たちにお願いしたり。
最寄りの掲示板に伝言を書き記したり。
ホワイトボードを買ってきて待ち合わせ場所に立てかけたり。


何が言いたいのかというと
みんな必死に、自分の頭で解決策を模索して行動していたってことです。

めっちゃアクティブだったってことです。

でも現代社会はどうでしょう?

スマートフォンやインターネットが普及して、
簡単なフリック入力さえできれば、自宅にいながら友人と交流したり、豊富な情報に触れたり、Amazonで買い物したり。

必死に頭を悩ませて行動しなくても
大抵の問題は解決してしまいます。

これが楽になりすぎた弊害です。

「楽」は人間の想像力を奪います。
「楽」は人間の生産的活動を奪います。

もちろん良い事だってたくさんありますよ。
30年前は図書館まで行かないと手に入らなかった情報が、ネットにアクセスして検索エンジンに文字を打ち込むだけで調べる事が出来たり。

30年前は限られた人間にしか届かなかった情報が、YouTubeで無料公開されたり。

意欲のある個人にとって
これほど素晴らしい環境はありません。

リョウタ

ですが、情報格差が著しくなったことにより。

インターネットを利用して行動しまくってる人と、そうでない人との差がえげつない程広がりました。

テレビに文句を言ったり。
ゲームアプリや動画にただひたすら
大切な時間を奪われる。

人という生き物としての長所をどんどん失っていってるなーと思います。

自分の頭で必死に悩んで考えて、努力する。
そんな人間らしさを失った現代人は

まるで機械のようです。

大人のせいで子供の想像力まで奪われる

リョウタ

アイデアを0から作りだす。
機械には真似できない「人として誇るべき能力」

とんでもない能力が俺たちにはあるんです。。
ただ、この能力には幼少期にどれだけ想像力を生み出す活動をしていたかが大きく影響します。

どうでしょう。
産まれて間もない頃からiPadを与えられ
1タッチで自分の欲求が満たされる。

そんな現代の子供達に
アイデアを0から生み出す想像力や、そのアイデアを形にする行動力が育まれるでしょうか?

きっと難しいはず。

だから現代人の。
特に子供たちは、もっと創造的な活動をすべきだと思うんです。

リョウタ

「大人からカードをかき集めて、道端で遊戯王カードを売れ!」

なんて言いませんが。
アクティブに外へでて、必死にアイデアを考えてカブトムシを捕まえ育てたり、DIYっぽい工作をしてみたりとか。

想像力や行動力が養われる活動をすべきだと思うし、大人はそうさせるべきだと思うんです。


親はね、幼稚園児にiPadを与えて

自己満してる場合じゃないんすよ。

リョウタ

iPadより図鑑。
どうぶつの森より「ただの森」です。

森に虫取りの仕掛けをしたり、
早起きして、捕まえにいくんです。

「ゲームの中でも仕掛けたり捕獲できるじゃん」
なんて声が聞こえてきそうですが、違うんですよ。

公園行ったらライバルの罠があったり
急に雨が降ってきたり
転んで膝を擦りむいて痛い思いをしたり。
田舎の美女に目を奪われたり。

壁にぶつかって、たくさん考えて、悩んで。
目の前の問題を1つ1つ解決しながら
目標達成に向けて努力する。

そうして想像力や行動力は養われます。

ビジネスをする上で、想像力は大きな武器になる

http://h-i-d.co.jp/art/

上の画像、めちゃくちゃ綺麗じゃないですか?
だけど特別な宝石を使っているわけじゃありません。

使っているものは

・水
・光
・金魚
・ガラス

ホームセンターでも揃えられそうな
どこにでもある平凡なものです。
たったこれだけ。

リョウタ

どうすれば金魚を美しく引きたてられるかな?
どうすれば金魚をエンターテインメントにできるだろう?

想像力をフル活用して完成した芸術。

リョウタ

8歳の頃に始めた遊戯王ビジネスもそう。

カードを買うお金がない。
どうしよう・・・
大人に頼んで譲ってもらおう!!

もっと盛り上がる売り方ないかな・・・
折り紙でオリジナルパックを作って、めっちゃレアカードが入ってる大当たりを作ろう!

子供なりに必死に考えて工夫して、

その結果、毎月のお小遣いの10倍以上を稼いだ記憶があります。

その後。保護者に全額取り立てられて
販売したレアカードも返ってこなかったんですけどね・・・クソっ。

てことで。

想像力は超重要だから、楽ばかりしてないで自分の頭で必死に考えて、必死に試行錯誤して努力していこうね。という話でした。

学びになった人は必ず、記事にコメントを残したり、Twitterでシェアしてアウトプットすること。
そうしないとあなたの意識は変わりません。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です